トップページ

進むオタクカルチャー!!!

数々のマスコミが取り上げる形で、

今や全国区でその言葉が

知れ渡るようになったメイド喫茶

秋葉原のいわゆるアキバ文化特有のもの

として知られるが、実は六本木にも

メイド喫茶「Queen Sleepers」が進出していた。

おたく度の低い街、六本木で果たして

どのように展開していくのかが注目される。

Queen Sleepers」のメイド、

「ネネさん」と「ありすさん」の画像は

こちらから 

Photo

店長の小林氏に聞いたところ、

それには意外な理由があった。

 元々は代官山で、

大人が楽しめるライブレストランといった

コンセプトの店舗を経営。

想定していた顧客層に違いがあったこともあって、

六本木交差点に立つビルの6階に移転。

ただ、人通りの多い六本木交差点とはいえ

6階までお客さんを上げることが難しいことに

気付かされた。そこで、何かいいアイデアは

ないかと模索したところ、秋葉原で評判の

メイド喫茶の存在に気が付いたという。

 メイドのスタイルをアイキャッチにして、

6階まで足を運んでもらうという形だ。

しかし、メイド喫茶を単純に利用している

というわけではない、と店長は続ける。


「メイド喫茶の評判を聞いて、

実際に秋葉原のお店に行ったことがあるのですが、

接客の基本がしっかりと教育されている

のを感じ、お客さまに満足してもらおうとする

姿勢にちょっと感動しました」。

接客業の原点を見たと語る店長は、

巷のマニュアル化された接客スタイルに

ちょうど辟易していたところだった。

 また、ステージのあるお店という

代官山の頃からのコンセプトは、

現在も引き継がれており、そ

れが「メイド」というスタイルで

生かすことができるのでは、

と感じた点も六本木メイドカフェ誕生の理由という。

「パフォーマーの登竜門にしたい

というスタンスは、現在も受け継いでいるんです。

当店のスタッフはパフォーマーとして

ビューしたいという夢を追いかけている人も多く、そ

んな夢を追いかける人たちをサポートしていきたい。

そういう新しいメイドカフェのスタイルなので、

既存のメイド喫茶とはうまく差別化がはかれていくと思います」。

 こう語る店長は、実は音楽業界で仕事を

していたことがあるという。A

KB48で秋葉原を拠点にアイドル輩出を

提案した秋元康氏と、発想の原点は

どことなく似ているような気がする。

 ちなみに、ランチタイムには、

場所柄もあってヒルズ族、

IT企業の姿もちらほらと見られるようになってきた

(もちろん昼の時間帯もメイドが出迎えてくれる)。

Photo_1

秋葉原では入りにくかったという人が、

六本木ならば気軽に入りやすいということもあるそうで、

秋葉原とは違った客層の広がりも期待できる。「

一度入ってみたかったんですと、感想を一言伝えてくれる

お客さんも多いですね」。(店長)

 メイド喫茶にとって新境地となる六本木。

オフィス街に新たな憩いの場として誕生し

、またメイドブームが再加熱するのだろうか。

店舗の詳細、写真などは こちらから 

http://miho34.cocolog-nifty.com/voice/ http://manabekawori.cocolog-nifty.com/ http://ogurayuko.cocolog-nifty.com/blog/ http://aimi.cocolog-tnc.com/t_time/ 5個まで http://ameblo.jp/watanabejuuhan/ http://hitorigoto2007.sblo.jp/ http://e-miho.seesaa.net/ http://staryuta.seesaa.net/ http://mycasty.jp/kouyou/index_home.html http://blogs.yahoo.co.jp/kikanjyu2006 追記はって5個まで http://blog.livedoor.jp/handa_sasa/ http://blog.livedoor.jp/toshi6419/ http://hisakonne.seesaa.net/ http://erokawageinoujin.seesaa.net/ http://geinoupuri.seesaa.net/ http://geinoucutter.seesaa.net/ http://geinouainori.seesaa.net/ http://milor0123.blog67.fc2.com/ http://otakaragazo.blog68.fc2.com/ http://blog.livedoor.jp/dqnplus/ http://doa.livedoor.jp/ http://cgblog.blog33.fc2.com/ http://blog.livedoor.jp/watanabejuuhan/

|

トップページ